ケアハウス前橋のお正月

謹んで新年のお喜びを申し上げます。

当施設をご利用いただいているすべての皆様、ご家族様、地域の皆様、行政各位の皆様方から、あたたかいご支援とご協力を賜り、無事新年を迎えられたこと、心より御礼申し上げます。

今年も職員が作りあげた門松でお正月を迎える事が出来ました。

竹の切り出しには、なかなか苦戦しました。

竹の足元には、農園で育てた大きな葉ボタンをあしらいました。

 

 

ケアハウス前橋では、1月1日と2日の午後に、『お正月レクリエーション』として、たこ作りを行いました。

入居者の皆様と職員が、たこを作っている様子です。

干支の戌・宝船などの縁起の良い図柄に、竹ひご・凧糸・紙の尾をつけます。

バランスよく凧糸を張るためには、少々コツが要るようです。

出来上がった凧は、ホールに飾らせていただいたり、持ち帰ってお部屋に飾っていただきました。

職員一同、入居者の皆様に「健やかで長生き」していただけるよう、また、ケアハウス前橋が「心地よい施設」となるよう、皆様の思いに応えられるように、これからも努力を重ねて参ります。

 

ケアハウス前橋 もちつき

こんにちは。

ケアハウス前橋では、12月28日午前中に、もちつきを行いました。

入居者の皆様と職員が、もちつきをしている様子です。

「よいしょ、よいしょ」と、掛け声が賑やかでした。

つきあがったもちは、手際よく丸めて、鏡もちを作りました。

午後は、夕食に召し上がっていただく『芋餅』を作りました。蒸かしたじゃがいもをつぶして、片栗粉を混ぜます。オーブンで焼いて、みたらしのたれをかけました。

素朴な味わいですが、もっちりとした食感でおいしかったです。

12月28日夜には、さっそく鏡もちを飾りました。玄関先の他、神棚・厨房・浴室、そして今年は「お手洗いにも神様がいるのよ」と入居者の方に教えていただき、トイレにも鏡もちを飾りました。

今年も職員がコツコツと門松を手作りしています。

少しずつ、新しい年を迎える準備をしています。

ケアハウス前橋 クリスマス会とそのあと

こんにちは。

ケアハウス前橋では、12月21日に、ひと足早いクリスマス会を行いました。

『唄う会』と『ルビーコーラス』の皆様によるクリスマスコンサートの様子です。

夕食は、食べきれないほどのごちそうを囲んで、クリスマス会食会です。

12月22日に、高崎市問屋町にある(株)國光様による『冬物衣類の移動販売』を行いました。ホールの一角が『お店』に早変わりです。

12月28日には、賑やかに『もちつき大会』を行う予定です。

その前に、今日はお正月準備をしました。入居者の皆様にご協力をいただき、しめなわに、松と紙垂(かみしで)をつけています。

おごそかな気持ちで過ごす、静かな時間もよいものですね。

ケアハウス前橋 ケーキ作り

こんにちは。

ケアハウス前橋では、明日12月21日(木)に行われるクリスマス会の準備としてケーキ作りをしました。

5名の女性入居者の皆様にご協力をいただき、パウンドケーキを作りました。

入居者の皆様は、「このくらいですかね」「溶かしバターはいい匂いだね」など、おしゃべりをしながら、泡だて器やゴムベラを上手に使って、手際よくケーキのスポンジを作ってくださいました。明日の午前中にイチゴや生クリームをトッピングして、クリスマス会では入居者の皆様に召し上がっていただきます。

焼きあがったスポンジは、甘くていい匂いです。

クリスマス会が今から楽しみです。

 

ケアハウス前橋 年末大掃除

こんにちは。

ケアハウス前橋では、年末大掃除をしました。

入居者の皆様にご協力をいただき、各階廊下の窓拭きを行いました。

入居者の皆様は、クリーナーやタオル・ハンディワイパーを上手に使いながら、手際よく窓拭きをしてくださいました。おかげざまで、窓がピカピカになりました。

またひとつ、ケアハウス前橋もお正月を迎える準備が出来ました。

 

ケアハウス前橋 しめなわ作り

こんにちは。

ケアハウス前橋では、しめなわ作りをしました。

地域の皆様にご協力をいただき、作り方を教えていただきながら、入居者の皆様・職員でしめなわを作りました。

「皆さんには、ぜひ正しい作り方を覚えていただきたいものです」教えていただく方の熱意が伝わり、教わる側も真剣です。

1ケ月以上前から、入居者の皆様と職員で、わらをすいて、たたいて、湿らせて、準備をしてきました。

甘くて素朴なわらの香りに包まれながらしめなわを作っていると、時間がの経つも忘れて集中してしまいます。

いわゆる「手が覚えている」というものなのでしょうか。入居者の皆様の手つきは、なかなかのものでした。

往く年を惜しみつつ、ケアハウス前橋もお正月を迎える準備をしています。

 

ケアハウス前橋 健康勉強会

こんにちは。

ケアハウス前橋では、毎年感染症が流行する時期には健康勉強会をしています。

今回はノロウィルス予防について、群馬ヤクルト販売株式会社 小渕管理栄養士に、ご講義いただきました。

「大腸はこんなに長いのですよ」なるほど。

「腸内環境を整えることにより、免疫力が高くなります。免疫力が高いと、感染症にかかりにくく、症状もひどくならなくて済みます」なるほど。なるほど。

最後に『便が出やすくなる体操』をしました。入居者の皆様は真剣な表情で取り組んでいました。

ノロウィルス予防のポイントです。

今日のまとめです。

寒さ厳しい冬になりそうですが、免疫力を高くして元気に乗り切りましょう。

 

 

ケアハウス前橋からご報告です

こんにちは。

このたび、ケアハウス前橋の町田ケアワーカーが、平成29年度介護支援専門員試験に合格しました。

町田ケアワーカーは、ケアハウス前橋で働き始めて5年半が経ちます。その間に、介護福祉士をはじめ認定特定行為業務従事者・レクリエーション介護士2級、と複数の資格を取得して、常に向上心を持って自分自身を高め続けています。

入居者の皆様・職員との関係も良好で、いつも明るい笑顔で進んで仕事に取り組んでいます。

普段の町田ケアワーカーの様子です。新入職員に仕事を教えています。

今日は、入居者の皆様と健康体操をしています。

「間違えたっていいんですよ。脳が活性化していますよ」

真剣な中にも笑いあり。

町田ケアワーカーのまわりは、いつも笑顔が絶えません。

防災の日

今日、9月1日は防災の日です。

ケアハウス前橋では、『災害発生時における食事(備蓄)提供』について、職員の勉強会を行いました。

災害時に厨房職員がいない場合も考えられるので、栄養士の指導のもと、介護・総務職員が実際に非常食を作りました。

「災害時はライフラインが破壊されることが予想されます。食中毒を防ぐことが大切です。マスク・手袋は必ずつけてください」

備蓄米をセッティングして、水を入れて密封します。あとは、1時間待ちます。

白米だけではなく、わかめごはん・五目ごはん・山菜おこわも作りました。

さらに、入居者の皆様への提供方法も教わりました。

入居者の皆様には昼食として、備蓄米・缶詰豚汁・さんま蒲焼缶・フルーツみつ豆缶など、『防災メニュー』を召し上がっていただきました。

入居者の皆様から「豚汁、おいしかったよ」「火を使わないのに、ごはんが出来るなんて不思議だね」など、感想を伺いました。貴重な経験になりました。

 

茶話会

8月20日(日)午前中に茶話会を行いました。

「お茶を飲みながら、一緒におしゃべりをしましょう」という集まりで、1階から5階まで

各階ごとに行っています。

「朝の6時半から洗濯機を使っている人がいる。うるさくて困るよ」

「キャベツのもみ漬けに、キャベツの芯が少し入っていたけど、硬くて食べにくいよ」

貴重なご意見を伺いました。

「もう90を過ぎているからね…足もしびれているけれど、自然なことだと思っているよ」

「この方は、今年99歳だと聞きました。お元気ですよね。私の目標です」

ステキなご意見を伺いました。茶話会は、9月初めまで毎週末に行っています。

 

同じく8月20日(日)の午後は、映画鑑賞会を行いました。

本日は『日本のいちばん長い日』を上映しました。

映画鑑賞会の傍らでは、秋のホール飾りを作りました。

色紙に、折り紙で作ったキキョウと小菊をあしらいました。

  

来週末も、秋のホール飾りを作ります。出来上がりが楽しみです。