センター 福祉用具専門相談員指定講習会について

6月25日に第11期福祉用具専門相談員指定講習会が開講いたしました。

 

この講習会は、群馬県知事の指定を受けて開催されるもので、介護保険法に定められている指定福祉用具貸与事業(福祉機器レンタル・販売店)等において、福祉用具を必要とする利用者に対して、福祉用具選定のための援助、機能等の点検、使用方法の指導、適合状況の確認等に必要な知識、技能を有する福祉用具専門相談員の養成を図ることを目的としています。

 

感染症対策としてアクリルパーテーションを設置しております。

来年2月には第12期が開講する予定です。

興味のある方は、第12期福祉用具専門相談員指定講習会のご案内にてご確認いただきますようお願いいたします。

6/29 外国人スタッフ定着化支援 開催!!

昨日OPENしましたラルジュ前橋にて当グループで働く外国人スタッフ対象のFS研修「接遇・マナー」を開催いたしました。

講師は当センター 上条顧問・フェンドラリーダーが行い、業務で大切な「報告・連絡・相談」について講義いたしました。

受講生は、ポケトークを活用し、分からないことなど質問をしていました。

つづいて、「日本での生活で工夫していること」をテーマにグループワークを行いました。

受講生より、日本での生活で大切なことや困っていることなど多く質問が出ました。

参加した職員より、「皆に会えて嬉しい気持ちとマナーの基本について説明してもらい、とてもよく分かりました。」との感想がありました。

 

来月は、「介護技術」について研修する予定です。

 

多文化共生シェアハウスラルジュ前橋 引越しについて

当法人で受け入れている技能実習生の職員宿舎として、前橋市昭和町に多文化共生シェアハウスラルジュ前橋がOPENいたしました。

 

本日、各事業所職員の協力により、10名の技能実習生が引越しいたしました。

 

引越し終了後、館内説明を行い、その後ウェルカムパーティーを行いました。

 

  

日本で引越しそばが食べるようになった経緯は、「そばとは、細く長い付き合いを行う。」という意味があることを説明しました。

技能実習生は、初めて食べる日本そばが「美味しい。」と完食しておりました。

 

最後に、記念撮影。

これからラルジュ前橋で楽しい時間を一緒に過ごしましょう。

 

介護研修センター 研修の様子

①6月1日 特別研修「食中毒予防について」を開催。

講師に前橋市 衛生検査課 戸部様をお迎えいたしました。

当グループ職員向けに食中毒の種類や発生状況、予防方法について講義いただきました。

参加した職員より、「衛生教育、衛生意識が重要であり、新人教育の際にも充分な時間を取ることが必要だと感じた。」との感想がありました。

 

②6月3日・4日 FS研修「介護技術編」1日目・2日目を開催。

講師:介護研修センター 上条顧問(左)・グランポルト前橋 杉山主任(右)

新人職員を対象に毎月開催しております。

 

参加した職員より、「分かり易い説明で業務に活かしていきたい。」との感想がありました。

6月は他にも様々な研修を実施する予定です。

そちらの様子も後日掲載いたします。

介護研修センター 研修の様子

介護研修センターでは、下記のとおり感染症予防対策を講じ、研修を実施しております。

・研修前の検温や手指消毒

・マスクの着用

・ソーシャルディスタンスの確保

・施設内の定期的な消毒・除菌及び換気

介護研修センターで開催した研修をご紹介いたします。

①職員研修「介護予防のアクティビティ」

当グループの理学療法士を講師に迎え、介護職を対象に様々なレクリエーションについて学びました。

②第13期喀痰吸引等研修

グループ職員・外部の受講生を受け入れ、当法人 介護老人保健施設青梨子荘の佐鳥施設長を講師に迎え、高齢者及び障害児・者の「喀痰吸引」概論を講義いたしました。

10月に第14期喀痰吸引等研修も開講予定となっております。

詳細は後日、HPにてお知らせいたします。

③職員研修「薬について」

㈱折り鶴 薬剤師 大島本部長を講師にお迎えし、薬の知識、取り扱い方について講義いただきました。

参加した職員より、

「以前から興味があった研修内容でとても充実した時間を過ごせました。入居者様がどのような薬を内服、使用しているか理解することも大切な仕事の一つだと思った。」との感想がありました。

 

今後も様々な研修を予定しております。

そちらの様子も後日掲載いたします。

 

法人本部・介護研修センター 辞令交付・異動者について

5月1日付で介護研修センター 長﨑主任が、法人本部 財務担当主任を兼務することになりました。

本人コメント

「今まで以上に責任をもって、業務に取り組んでまいります。」

 

また、グランポルト前橋より5月1日付で異動してきました谷口さんをご紹介いたします。

本人コメント

「至らないところが多々ありますが、これからも明るく元気に頑張っていきますのでよろしくお願いいたします。」

新しい職員を迎え、これからも受講しやすい環境を整えてまいります。

第43期介護職員初任者研修 開講!!

4月14日(火)

第43期介護職員初任者研修が開講いたしました。

今回は火・金コースです。

27名の受講生とともに、22日間介護について学んでいきましょう。

※研修開講日は、検温、手指消毒や定期的な換気を含めて、感染防止対策を徹底しております。

 

次回の開催について、『第44期初任者研修のご案内』よりご確認いただけます。

ご不明な点がございましたら、介護研修センターまでお問い合わせください。

介護研修センター「拡大FS研修」開催!!

令和2年3月26日(木)・27日(金)の2日間にかけて、

グループの新卒者・新入職員対象の拡大ファーストステップ研修を開催いたしました。

 

感染症予防対策として、検温・手指消毒・マスク着用・定期的な換気を行いました。

 

~1日目の研修内容~

●オリエンテーション

●社会保険制度について

●グループの基本方針(ありがとうの心)

●組織の一員として(職業倫理)

●職場環境における衛生管理について

●先輩職員として(グループワーク)テーマ:よい社会人とは

社会保険労務士の先生より、社会保険の基本的な考え方や医療保険の制度の仕組みについて講義いただきました。受講生より、「少し難しく感じましたが、改めて社会人としての意識を持つことの大切さを感じました。」と感想がありました。

また、職場における安全衛生管理についての講義では、介護事業所における腰痛や転倒についての対策、人間関係を良くするルール「ほう・れん・そう」や健康管理について講義いただきました。

感染症対策として重要な手洗いについて、実際に手洗いチェッカーを使用して確認を行いました。

受講生より、「丁寧に手洗いを行っているつもりでも、見えていない汚れがたくさん残っていたことに驚きました。」との感想がありました。

3名の先輩職員より、自身の体験談や日頃の業務について講話いただきました。

その後、『よい社会人とは』というテーマにてグループワークを行いました。

~2日目の講義内容~

●接遇マナー

●電話応対について

身だしなみや、挨拶・お辞儀の基本姿勢、言葉使い、お茶の入れ方・出し方等…

社会人として必要な接遇・マナーについて学びました。

午後は、電話の応対を実際に行いました。

最後に、アサーション(自己主張)について講義がありました。

アサーションの理論では、コミュニケーションが3つのタイプに大別できるとされています。

受講生自身がどのタイプなのかアンケートを取り、どのように対応していくのか講義していただきました。

2日間の研修にて、グループの基本方針『ありがとうの心』を学び、各事業所で役立てていただけたらと思います。