ケアハウス前橋 芋煮会

11月10日、ケアハウス前橋では、芋煮会を行いました。

「私、初めての芋煮会です」

「さといもが大きくて軟らかいね」

「外で食べるとおいしいね」

「うまくできたもんだ」

「一緒に食べるとおいしいね」

入居者の皆様だけでなく、地域の役員さんにもお越しいただき、和やかな雰囲気の芋煮会になりました。

11月12日の午後は、こうじぃさんの『思い出音楽会』です。

今日も「アンコール!アンコール!」の声が、入居者様から自然に起こりました。

「来月は12月ですね。クリスマスバージョンで賛美歌を歌いましょうね」

最後に、こうじぃさんから楽しみな予告をいただきました。

ケアハウス前橋 さつまいもの収穫

10月22日、ケアハウス前橋の農園で、さつまいもの収穫を行いました。

「さあて、さつまいもはどこかな?」

「蔓をたどると、さつまいもがありますよ」

「これは良さそうですよ」

「立派ですな」

「でっかい芋がとれたよ」

今年のさつまいもは豊作で、30kgも収穫できました。11月2日の『さつまいもデザートバイキング』、11月17日の『焼いも大会』が楽しみです。

 

ケアハウス前橋 開設25周年記念行事

10月8日、ケアハウス前橋は、開設25周年を迎えました。

第一部として、若柳流名取 原田優様による日舞と歌を披露していただきました。可憐な女形と、美川憲一さんそっくりの美声に、特に女性入居者様はうっとり…。

「良かったよ」「きれいだね」と声をかける方、サインをいただく方…人気者ですね。

第二部として、マグロの解体ショーを行いました。

鮮やかな包丁さばき、つい魅入ってしまいました。

柵と切り身になったまぐろに、思わず「うまそうだな」と笑顔がこぼれました。

第三部として、夕食は会食会としました。献立は、マグロちらし寿司・すまし汁・天ぷら・秋野菜の煮物・茶碗蒸し・マグロアボカドサラダ・果物盛り合わせでした。

上条施設長より、入居者様をはじめとする皆様への日頃からの感謝の言葉を述べさせていただきました。

乾杯の発声は入居者様にお願いしました。簡潔なうえ、まとまりのある上手なご挨拶でした。さすがです。

「おいしくて食べ過ぎちゃうね」「まぐろ、おいしいね」「おかわりはいかがですか?」いつもより、ゆっくりお食事を召し上がっていただきました。

 

ケアハウス前橋 プランターの植え替え

 

 

9月30日にプランターの植え替えをしました。

台風が近づいていて、あいにくのお天気でしたが、玄関の軒下で、7名の入居者様とナデシコの苗を植えました。

「どう植えたら、いいかな?」みんなで思案中…

「きれいね」「このくらい空けた方がいいかな?」

あっという間に「完成しました」

「あっという間だったね」「畑の草むしりも手伝うよ、今度は誘ってね」

一仕事終えた後は、のんびりお茶飲みです。

ケアハウス前橋 農園のナスを収穫

9月18日に農園のナスを収穫しました。5月下旬に植えたナスは、8月中に枝を剪定して根切りをして、秋ナスに仕立てて、入居者の皆様と一緒に収穫できるよう準備していました。当日は、秋らしいさわやかな晴天に恵まれ、4名の入居者様と収穫作業を行いました。

ベテラン農家さんからひと言。「こりゃ、たくさんとれそうだ。初めて作ったんだって?上手に出来たね」ありがとうございます。励みになります。

「随分とれたね。まだ、あるかな?」

「ほらこんなにとれた。上出来だ。全員分くらいあるかな?」ケアハウス前橋の入居者様全員だと100名分ですけど…大丈夫そうですね。

ナスがたくさんとれたので、『まいたけの天ぷら』を『ナスの天ぷら』に変更して、9月23日の昼食に提供させていただきました。

「へえ、ここの畑でとれたんかい。軟らかくて、おいしかったよぉ」「大きくて、軟らかくて上手に出来たね」など、たくさんのお褒めの言葉をいただきました。

ケアハウス前橋の敬老会

9月17日に敬老会を行いました。

午前中は、第一部として、節目のお祝いを迎えた入居者の皆様に慶祝状と記念品を贈りました。

今年はなんと、ケアハウス前橋で100歳を迎える入居者様がいらっしゃいます。職員手作りのくす玉でお祝いをしました。「ここまで元気に過ごせたのは、皆さんのおかげです」と、ひと言ご挨拶をいただきました。普段から、周りへの感謝を欠かさない方です。ほんとうに素敵ですね。

昼食は、山菜おこわ・すまし汁・鮭の南蛮漬け・大根の柚味噌煮・梅きゅうり・巨峰・甘酒ミルクプリン、というお祝い献立でした。山菜おこわは、お替り自由でした。

午後は、第二部として『森山音楽隊』の皆様による吹奏楽の演奏会を行いました。ここ数年、毎年敬老会に来ていただき、お祝いに華を添えていただいています。

楽器の紹介を入れながら、入居者様が一緒に口ずさむことできる童謡やナツメロ14曲に加え、お約束のアンコールでは『明日があるさ』を演奏していただきました。

忘れられない敬老会になりました。

 

ケアハウス前橋の初秋

6月初め、農園に植えたさつまいもの苗は、順調に蔓を伸ばして大きくなりました。

10月下旬の収穫と焼いも大会が楽しみです。

9月1日『防災の日』には、事務所の職員が厨房の栄養士に教わりながら、備蓄米作りを体験しました。入居者の皆様には、昼食として『備蓄米』『けんちん汁』『肉じゃが』『もみ漬け』『杏仁豆腐』といった備蓄食材を召し上がっていただきました。

9月2日『9・10月生まれ誕生会』では、ギターの弾き語りの『こうじぃさん』に来ていただきました。入居者の皆様は、美空ひばり・島倉千代子といったナツメロや童謡に、うっとりと聴き入ってしまいました。

9月3日『振り込め詐欺勉強会』では、前橋警察署 高齢者見守り隊の皆様による「振り込め詐欺」と「交通安全」の勉強会を行いました。高齢者を狙った犯罪や事故が増え続けている昨今、ためになるお話を伺うことが出来ました。啓発スローガンの入った保険証入れやうちわなどをいただいたので、普段から目にして気をつけていけそうですね。

5月下旬に植えたナスは、8月中に枝を剪定して根切りをして、秋ナスに仕立てました。あともう少しで、入居者の皆様と収穫が出来そうです。

 

ケアハウス前橋のレクリエーション

8月18日(土)から毎日、ケアハウス前橋では『中秋の名月』をテーマに、秋のホール飾りを作っています。

1週間前から作り始めて、もう完成した入居者様もいます。

今日、午前中の茶話会では、ある新しい入居者様が「私、まだ慣れなくて。部屋でパズルをしている時間が多いんです」と話していました。職員が、レクリエーションに参加してみませんか?と声をかけたところ、さっそく来てくださいました。

「へえ。あなた、お風呂はデイサービスに行って入っているの?デイサービスって、どんな人が行くの?」「みんな、元気な人ですよ」

「私、もうすぐ出来上がりそうだから、何か手伝いましょうか?」

「随分長く入院していたから、久しぶりに楽しかったわ。また誘ってね」

穏やかな優しい雰囲気に包まれた時間は、作品作りも、おしゃべりも、楽しくしてくれました。

 

 

ケアハウス前橋のホール飾り作り

8月18日(土)より、ケアハウス前橋では、秋のホール飾りを作っています。

テーマは、『中秋の名月』です。

色紙を夕焼け色に塗っています。グラデーションがついていて、きれいです。

茶色のお花紙を使って、こよりを作っています。ススキの穂に見えますか?

白のお花紙を水につけて丸めています。お月見団子でしょうか。

竹ひごを軸にして、黄土色の折り紙をクルクル巻き付けています。ススキの茎ですね。

毎日コツコツ作って、1週間後には完成する予定です。出来上がりが今から楽しみです。

ケアハウス前橋の納涼祭

8月9日(木)、ケアハウス前橋では、納涼祭を行いました。

第一部は、『カラオケ大会』でした。

大阪しぐれ、母の鞄…11名の入居者の皆さんの自慢ののどを披露していただきました。見に来てくださった入居者の皆さんは、手拍子や拍手で応援してくださいました。

昼食は、模擬店形式のバイキングでした。助六寿司に豚汁、焼きまんじゅうにタコ焼き、スイカにトウモロコシ、夏野菜の浅漬けと、ボリューム満点。

好きなものは、食が進みますね。職員や実習生に勧められて、『おかわり』をした方も多かったです。

第二部は、レイナニフラスタジオの皆様による『フラダンス公演』でした。

華やかなスタイルと豊かな笑顔、指先までのしなやかな動き、ハワイアンのゆったりとした音楽…。お祭りらしく、かき氷を食べながら、入居者の皆さんは自然に体を揺らして、魅入っていました。

フラダンスは「言葉に対するジェスチャーなのです」と、ハンドモーションを教えていただき、入居者の皆さんも曲に合わせて、さっそくトライ。自然に表情が緩みます。

フラダンスは「笑顔と一体感が生まれるものです」と仰っていた通り、笑顔のあふれる納涼祭になりました。