多文化共生シェアハウス

ラルジュ前橋 LARGE MAEBASHI

多文化共生シェアハウス「ラルジュ前橋」

「多文化共生」とは、国籍や民族などの異なる人々が、互いの文化的な違いを認め、対等な関係を築こうとしながら、共に生きていくことです。そして、「ラルジュ前橋」のラルジュ【Large】とは、フランス語で“のびのびとした”や“ゆったりとした”を意味します。

入居者全員が各々の母国の生活文化や習慣を共有しながら、この「ラルジュ」の名のとおり、快適な生活を楽しめる住みよい環境とするために、生活利便性の高い前橋昭和町にシェアハウスをオープンしました。

外国人留学生や技能実習生を中心に日本の文化を学びながら生活しています。

現在の入居者の出身国:

>>ご案内のチラシはこちら

ウエルカムパーティーの様子

納涼祭

ラルジュ前橋「納涼祭」開催!!

2020.8.26 ラルジュ前橋「納涼祭」開催!!
華やかな浴衣を身にまとい、日本の夏を楽しみました。納涼祭の様子は動画をご覧ください。

平面図 -Floor Plan-

概要 -Overview-

居室(定員2名)
広さは20.88~22.64㎡(約11畳~12畳)。専用ベランダもあります。
リビングやシャワールーム、ランドリーは別。その分居住スペースとして広く使えます。
ミニキッチン、トイレ(1階部分のみウォシュレット)、冷暖房完備です。(写真はモデルルームです。)
シャワールーム
脱衣スペースもブースタイプとなっており、1人ひとりに配慮された設計となっています。
シェアリビング
40人収容。サマーパーティやクリスマスパーティを開催
シェアハウスならではの交流が生まれます。
シェアキッチン
調理器具や収納スペースも充実。
楽しく調理することができます。宗教的配慮のため冷蔵庫や調理器具も分けています。
ランドリールーム
広々とした空間で、洗濯中の待ち時間は、ソファーなどでゆっくり読書や日本語の学習などができるスペースも用意されています。
駐輪エリア(1人につき1台まで無料)
1人ひとりに配慮された設計となっています。
その他の共用設備
館内Wi-Fi完備(入居者のみフリー)
建物玄関オートロック・防犯カメラ
専用鍵付ロッカー
男女別共用トイレ(ウォシュレット)

アクセスマップ

ラルジュ前橋の最新ブログ

多文化共生シェアハウスラルジュ前橋の様子

*9/28にラルジュ前橋ではベトナム国籍の7名が入居されました。

ラルジュ前橋では、現在、インドネシア国籍の方とベトナム国籍の方が共に生活を行っています。

入居者が安心して生活できるよう、介護研修センターの職員が管理を行っており、定期的に点検を行っています。

今後も外国人の方々が日本の生活をより楽しんで頂けるようサポートして参ります。

また、11月には消防訓練も予定しています。

消防訓練は、もしもの時、身を守るためにも施設内の避難通路、非常口を再確認する機会となります。新しいメンバーも加わったため、緊急時に対応できるよう様々なケースを想定し、訓練して参ります。

福祉用具専門相談員指定講習会について

介護研修センターでは、年に2回、福祉用具専門相談員指定講習会を開催しております。

次回開催は、令和6年2月24日(土)から3月17日までを予定しています。(全8日間)

福祉用具専門相談員とは、群馬県知事の指定を受けて開催されるもので、介護保険法に定められている指定福祉用具貸与事業(福祉機器レンタル・販売店)等において、福祉用具を必要とする利用者に対して、福祉用具選定のための援助、機能等の点検、使用方法の指導、適合状況の確認等に必要な知識、技能を有する福祉用具専門相談員の養成を図ることを目的としています。

興味のある方は介護研修センターまでお気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同、お待ちしております。

ラルジュ前橋||2023年10月13日